【2024年最新】GA4でHTMLメールの開封率を確認する方法

Google Analytics 4 (GA4) では、Universal Analytics (UA) と異なり、メール開封率の追跡方法が変わりました。今回は、GA4におけるHTMLメールの開封率を確認する新しいアプローチを紹介します。

UAからGA4への変更点

UAでは、メール開封率を追跡するためにMeasurement Protocolを利用していました。しかし、GA4への移行に伴い、このプロセスが更新されました。以下では、GA4に適した方法でHTMLメールの開封率を取得する手順を解説します。

GA4でのHTMLメール開封率追跡手順

1. GA4とMeasurement Protocolの準備

  • GA4ダッシュボードの「管理」セクションから「データストリーム」を選択し、「ウェブストリームの詳細」に進みます。
  • 「Measurement Protocol API secret」をクリックし、「作成」ボタンを押して新しいAPI Secretを生成します。ニックネームには、識別しやすい名前を設定してください。

2.イベントの作成

Event Builderにアクセスし、Googleアカウントでログインします。

3.Event Builderの利用

作成したAPI Secretと計測IDを入力し、イベントカテゴリーは「Custom」を選択します。イベント名とパラメータは、目的に合わせて自由に命名できます。

4. イベントの検証と送信

「VALIDATE」をクリックしてイベントが正しく設定されているか検証し、「SEND TO GA」をクリックしてイベントを送信します。これにより、GA4のリアルタイムレポートで追跡結果を確認できます。

結果の確認

  • GA4の「レポート」→「エンゲージメント」→「イベント」セクションで、イベントの発火を確認できます。HTMLメール内に組み込むためのRequest infoは、このセクションから取得できます。

以上で、GA4を使用してHTMLメールの開封率を計測する準備が整いました。この手順に従えば、ユーザーのメール内での行動をより詳細に把握し、マーケティング戦略の最適化に役立てることが可能です。

Follow me!

mare internoでは、データに基づいたアプローチで、ウェブサイトを訪れるすべての機会を最大化するお手伝いをします。

訪問者一人ひとりに最適な体験を提供し、あなたのビジネス成長を加速させましょう。

最近自転車にハマっている、Webアナリスト。 週末になると、土手沿いのサイクリングロードを走っています。