Webアクセス解析で改善したい3つのKPI

Webアクセス解析を行う際には、特定のKPI(重要業績評価指標)に注目することが重要です。以下に、改善したい3つの主要なKPIを紹介します。

  1. バウンス率:これは、ウェブサイトを訪れた後、ユーザーがすぐに離れる割合を示します。バウンス率が高いと、それは訪問者が求める情報を見つけられなかったか、ウェブサイトのデザインや使いやすさに問題があることを示す可能性があります。
  2. ページ/セッション:これは、訪問者が1つのセッション中に平均して訪れるページ数を示します。この数値が高いほど、訪問者がウェブサイトで多くの時間を過ごし、多くのコンテンツを見ていることを示します。
  3. コンバージョン率:これは、訪問者が所望の行動(例えば、製品の購入、メールリストへの登録など)を取った割合を示します。コンバージョン率を改善することで、ウェブサイトのパフォーマンス全体が向上します。

これらのKPIを定期的に監視し、Webアクセス解析を活用して改善策を考えることが、ウェブサイトの成功につながります。

Follow me!

WEBアクセス解析のことならmare interno

お気軽にお問い合わせください

最近自転車にハマっている、Webアナリスト。 週末になると、土手沿いのサイクリングロードを走っています。